不動産証券化業界のプラットフォーム T2TR(テニトル)より正確に・よりスピーディーに・テニトルように各プレイヤーをつなぐ基盤

Vision

『不動産証券化業界の
プラットフォームを創る』ことで
『一歩先の不動産ビジネス発展へ寄与する』
ことをめざす

不動産証券化業界にシステムソリューションが提供され始め10年余りが経過しました。

業界を取り巻くシステム環境を俯瞰してみると、多くは特定の業務ごとに個別・局所最適化が進み、業界全体に対する一貫したシステムは提供されていません。

業界発展への本質的な寄与のためには、システムソリューションの抜本的な再構築が必要と考え、これまで多くのユーザーに導入・対話してきた経験に基づいて『T2TR』は生み出されました。

正確に・スピーディーに・テニトルように

T2TR上で業務を行うことで、これまでシステム的に分断されていた、PM・AM・FMの各々の業務が一つのプラットフォーム上でシームレスに繋がり、より正確に、よりスピーディーに、テニトルように情報管理され、資産運用業務の効率化・質の向上を実現します。

Coverage

不動産ファンド運営・不動産運営に関連する業務は全てスコープに入ります

現実的には、REIT運営における主業務から構築していっています。上図で言えば、PM-AMにまたがる業務、AM-FMにまたがる業務が当面のターゲットです。 ただ、会計業務への連携は必須ですし、より発展的には会計事務をT2TR内で実施するスキームまで目指していきたいと考えています。

Image

画像タイトル

ダッシュボード

ダッシュボードでは現状のオーバービューを表示。自身の業務に合わせ、表示したい内容が選択可能です。自分やチームメンバーの作業状況や計算処理状況等の把握がしやすくチーム間の連携効率アップにも。T2TR新機能の追加もこの画面で随時更新していく予定です。

画像タイトル

ワークフロー

ワークフロー画面は、その業務の作業・操作の流れを直感的に伝えます。各機能にこの画面から遷移。画面や項目ごとに説明・ガイダンスを配置し、ユーザーのスムーズな利用をサポートします。

画像タイトル

申請・承認管理

申請・承認を多段で実現し、それぞれの業務フローにフィットさせることが可能です。承認履歴の管理も行い、各種監査対応をサポートします。

画像タイトル

インターフェース

入力しやすいインターフェースを実現。タブレットでの活用も視野に実装しています。

FAQ

カスタマイズ対応の柔軟度は?

これまでの経験値をもとに、基本的な業務で起こり得る個別性は設定機能で変更できる設計をしております。詳細を伺ったうえで、各社様に共通して発生すると思われるものについては、カスタマイズではなく、機能の追加という形でリリースし、個別性が高いものについては、カスタマイズで対応いたします。

導入までのプロセスはどのようなものでしょうか?

予算作成周りを例にとれば、現状の業務フロー、ご活用中のExcel、システムなどをヒアリングいたします。約1ヶ月をかけて新たなニーズや改善プランについて協議いたします。大きなカスタマイズ項目がなければ、チューニングに1.5~2ヶ月。導入前の受入側のテスト、並行運用等に1ヶ月~が標準です。分配金シミュレーション周辺も同程度での導入が可能と考えています。

導入・保守・運用体制は?

経験値の高い担当がT2TRとお客様業務とのフィッティングを実施し、導入します。運用段階でもお客様との定期的なミーティングに対応責任者が同席し、最新の活用状況を把握しながらスムーズな業務サポート・改善を行っていくことを重視していきます。

プラットフォーム構想ということですが、部分的な利用は可能ですか?

もちろん可能です。既存利用されているシステムとの連携にも対応します。T2TRの優位性を最大限に活用いただくために、継続的にご提案させていただきます。また、追加機能を後から導入していくことももちろん可能です。

カスマイズ量にもよると思いますが、一般的な導入期間はどれくらいでしょうか?

要件定義1ヶ月、導入1~2ヶ月、検収1ヶ月が一般的です。カスタマイズ量が少なければ、要件定義+導入で1~1.5ヶ月も可能になります。

カスマイズのメリット/デメリットは?

カスタマイズにより「現在の」各社の業務フローに合わせることができますが、業界標準から離れる可能性もあります。また、T2TRの共通バージョンアップの適用がしにくくなる傾向となります。「これまで」にこだわりすぎずに、導入をきっかけにシンプル化も検討サポートさせていただきます。

他システムとの連携は?

T2TRの一部機能のみをご利用をされる場合、既存システムや、業界で標準的にご利用されているシステムとの連携についても、ご相談ください。ただし、データ連携機能はカスタマイズの範疇となりますので、前述の通りデメリットがございます。業務のシンプル化と併せてサポートさせていただきます。

お問い合わせ窓口

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

* は必須入力項目です

名前 *
メールアドレス *
電話番号 *
会社名
お問い合わせ内容 *